太陽光発電のデメリットとは

太陽光発電というと、メリットがたくさんあって、デメリットがかすんでしまいそうですが、デメリットも確かにあります。

もっとも多くの方が指摘しているのが、初期投資の金額の大きさ。
みなさんの意見を平均化すると、資金回収できるまでの期間は、すくなくても15年をめどに考えたほうがいいという意見でした。

一括で払うお金がなく、太陽光発電のためのソーラーローンなどを組んでしまった場合には、途中で車がほしくなったり、何かほかのローンを組もうと思っても、ローンが重なってしまうため、審査に通りにくくなるのは、大きなデメリットと言えるでしょう。

太陽光発電を設置する家が爆発的に増え続けている現状で、工事を請け負っている販売店が家に穴をあける工事をしているのだが、将来にわたって保障がない商品がほとんどなので、もし、家になんらかの障害、(重みで戸の開閉に支障がでる・明けた穴から腐食して、屋根が壊れ始めた・長年重さがかかって家が歪んだ)などの問題がおこる可能性があるのです。

問題が起こった場合、ほとんどの場合メーカーは責任をとることはなく、現場で施工した業者だけの責任が追求されるため、なにか難しい事象が起こった場合、誰も対応できずに、放置される事例があったと、聞いたことがあります。確かに長期間設計上なかったものが屋根の上にのるものですから、歪まないという保証はないし、雪国の場合、それに数百キロの雪が積み重なって行くわけだから、家のメンテナンス的には相当きびしいものがあると思います。

また、設置した地域や気象条件で、期待通りの数値を出せないこともある。各メーカー期待値というものもあり、発電保障してるメーカーもあるが、その地域の事情、設置場所の事情などによって死シミユレーション値を超えられない事例もでているようなので、よく自分の家の状況を確認してから設置にのぞみたいものです。

太陽光発電コムでは、そういった事もしっかり提案してくれる業者の一括見積もりを取得する事が出来ます。
気になる方は一度下記のページから一括見積もりをご利用下さい。

太陽光発電費用

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ