導入しても、結局損してしまうんじゃないの?

今日は、太陽光発電を導入したとしても、結局は損してしまうのではないのか?そういった疑問にお答えいたします。 良く最近頂く質問内容として、「高い太陽光の発電設備を導入したからと言って結局は損してしまうんじゃないのか?」と言った内容の質問を良くいただきます。確かに誤った設置場所やお家に合わない形状のパネルを発注してしまった場合、もしくは割高で設置契約をしてしまった時などは損をしてしまう事も有る場合も有ります。 けれども、大抵の方はプラスのペースで電力を発電されています。中々マイナスに転じてしまう方はあまり少ない物です。 200万円工事やパネル代金で掛かってしまったとしても、大体月に3万円分発電したとして、10年間続けばもう100万円の利益になりますよね。実際はもっと多くの発電量を毎月作られている方が多くいらっしゃいます。大抵の会社の太陽光発電の保障期間は10年ですが、一般的には20年は最低持つと言われています。その証拠に、外資系の太陽光パネルのメーカーさんは25年の保障をしている所も有るくらいです。 そうなると、上記の計算方式で行くと、550万の利益になるのです。中々損をしにくい固いビジネスと言えるでしょう。 現に今は電気代が高騰してきています。原子力発電が縮小傾向にある中、効率的に安く作れる電気を電力会社は持ち合わせていないのです。今は電力の買い取りは一時的に安くなってしまっていますが、これからポジティブな方向に進むのではないでしょうか。 もし価格がこのまま安定してしまったとしてもご家庭で使用される分の電気代はこれ以上安くなる事は中々考えにくいので、それだけでも充分にお得です。 なるべく利益を生み出すポイントとしては、「設置費用を安く済ませる事」これが重要です。パネルの費用は大体20万以内ですから、実際の設置工事の費用がとても高額になってしまいがちです。この部分をどう安く抑えるか。それがキーポイントですね。 太陽光発電の費用を格安に抑える為に有効なのが、当サイトで推奨している「一括見積もり」です。 これを利用して、設置費用を格安に抑えて「高利益」な仕組みを作られて下さいね。

太陽光発電費用

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ