初期費用部分のローンについて

今回は太陽光発電の初期費用のローンについて書いていこうと思います。

太陽光発電を導入しようとした時、最もネックになると言われているのが、初期の導入費用です。
メーカーや販売店間の競争が激しくなってだいぶ値段が下がってきたとはいえ、導入した家庭の平均金額が150万ぐらいかかっているというアンケートもあるように、すべてを手持ちのお金で賄うのは厳しいのが、現状です。

そこで、普及のかぎを握ると言われているのが、低金利のソーラーローンと呼ばれる、「太陽光発電導入のためのローン」が、さまざまな金融機関から発表されています。

導入条件がそれぞれのローンで違うため、横並びで評価することはできないが、ほかのローンを組むよりは、明らかに低金利で、太陽光発電設備をつけることができるというメリットがあります。

国や自治体と、ソーラーローンを組み合わせていけば、いままで無理だったと思える太陽光発電にも手が届く人がたくさんいると思いますし、国としても、そういう人が増えることを願っての、補助金と電気の高い買い取り金額の設定だと思うので、払う側からもらう側になるために、踏み出すきつかけにはなるかもしれません。

では実際につけた人たちの収支を見てみましょう。

仮にAさんが150万円かけて太陽光発電を導入したとします。金利を3%だと家庭すると、約14500円ぐらい。実際の発電ケースで150万円台のソーラーシステムだと、約12000円から15000円くらいの売電価格になるようです。

もちろん雨の多い年もありますし、雪国では降雪の影響もでるので、単純に12か月この数字がでるわけではありませんが、ほぼ導入金額をペイできるような水準で、10年以上返済できれば、さほど、悪い結果だとは思いません。

ドイツのように、発電していない人たちの負担分が増えないとは、言えないので、多少の赤字でも、未来的には、よい投資といえるのかもしれません。

太陽光発電費用

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ